目の病気といえば|ハートガードプラスなど、使える動物薬はたくさんあります!

ハートガードプラスなど、使える動物薬はたくさんあります!

水色と透明のカプセル

目の病気といえば

沢山の薬

犬が患ってしまう病気というのは、主にフィラリアだけではありません。
ずばり「白内障」も大きな病気のひとつだといえるでしょう。

白内障といえば主に人間に発症してしまう病気という認識があると思いますが、犬にも十分起こり得る病気だといってもいいと思います。
ではここで犬が白内障になったとき、どんな症状が見られるのかを紹介しておきましょう。

まず白内障になると目が白濁になります。
つまり白くなるので、パッと見ただけでも結構わかりやすいと思います。
さらにそれに加えて、常に不安そうな状態になっていることがわかります。
あとはまともに歩くことができなかったり、いろんな障害物にぶつかりやすくなったりもします。

このような症状が見られたら、即座に飼い主として対応していかなければいけません。

では白内障を治すためにはどうすればいいのか?
方法としてもっともおすすめできるのが「シーナック」と呼ばれる医薬品です。
シーナックはキャンCと呼ばれるジェネリック医薬品になり、眼球の水溶液に直接入って眼球の酸化を防いでくれる働きを持ちます。
白内障は眼球が酸化することによって起こるものなので、酸化の進行を止めるシーナックを使うことでそれ以上悪化しなくなるわけです。

ちなみにシーナックについては人間も利用することができるので、点眼薬で迷ったときはシーナックを一家にひとつ置いておくとすごく便利だと思います。
ただし、シーナックのみで完全回復させるというのは結構厳しいです。
だから完治させたいという場合は、手術をおこなうしかありません。